コンテンツ

豆柴の現状と公認の経緯

豆柴は昭和25年頃から京都の柴犬愛好家が標準より小さな柴犬を豆柴の名称で繁殖に取り組んだのが始まりで、おおよそ半世紀以上の作出の歴史があります。

平成3年頃から新聞、雑誌、テレビなどメディアに取り上げられブームになったことから豆柴の名称は広く知られるようになったのですが、高額で販売される事から、他犬種との交雑や幼犬期の給餌制限による栄養不良、成犬になって大きくなってしまうなど、俄繁殖家による不正な繁殖や販売時の表示や説明が解りにくいなど問題になっており、公正取引委員会も平成20年6月に実態調査報告書を公開しています。

血統証書についても日本犬保存会では日本犬標準のサイズ基準外の豆柴を公認することはありませんと表明しています。
全犬種血統発行団体の社団法人ジャパンケンネルクラブも豆柴を認めていません。

ところが豆柴は公認する団体が無いため当協会も含めてそれぞれの団体の「柴犬」として血統証書が発行される一方で、繁殖家個々の基準で「豆柴」として販売されるという矛盾が生じ混乱を招いていました。
血統書上柴犬であることから柴犬との交雑もあり、このままでは柴犬の矮小化にも繋がることも危惧されます。

当協会では飼育環境の変化(室内飼い志向・飼育者の高齢化・小型愛玩犬ブーム、そしてペットからコンパニオン・アニマルへの意識改革)、豆柴の名称の定着度などから豆柴公認は時代の要請でもあると判断し、5年前に樽井荘系列の犬を基礎犬としておおよそ30年間に及ぶ系統繁殖を続けてきた西山征伸氏(現当協会理事)の豆柴犬舎「摂州宝山荘」の加盟を得て、繁殖管理と純化固定を調査してきました。

その結果、完成度の高い個体が安定して作出される事が確認されましたので、犬種標準(スタンダード)を公示し、豆柴を公認するに至りました。

成犬時に全犬を審査する「認定制度」による繁殖管理を徹底することで豆柴の犬種の純化固定を推進すると共に犬種を区分して交配を制限することで柴犬の矮小化にも歯止めを掛ける所存です。

子犬を迎えられた後、このクラブの意図にご賛同いただき、当会にご参加していただけたら幸甚でございます。

※他の団体からの移籍も受付致します。

~KCジャパン発行~
〝豆柴公認記念号〟小冊子2ページより抜粋